時計をプレゼントで贈るための予備知識

カシオの歴史

カシオといえば電卓を思い浮かべる人が多いでしょう。
事実、1946年に創業者である樫尾忠雄が小さな部品工場として
樫尾製作所をつくったことからその歴史がはじまります。
そして小型の電気式計算機をつくりあげることによってその名が世間に知られるようになっていきます。

さらにその後、計算機におけるデジタル機能を応用し、
クオーツ時計にかわり時代をリードするものこそデジタル時計であると見据え、開発に力を注いでいきます。

様々な機能をそなえた製品を発表していきますが、
なんといってもカシオの時計を世間に知らしめたのは1983年に発表したG-SHOCKでしょう。
発売当初は国内で人気がでませんでしたが、発表から10年が経過したころ、
その当時のトレンドに合致して爆発的な人気となります。

大きくて存在感のあるデザインが特徴で、
「ビルからおとしても壊れない」という程頑丈であることが人気を支えるポイントにもなっていました。
精密・繊細なこれまでのものとは異なり、耐衝撃力があるというあらたなセールスポイントを打ち出したのです。

その人気は現在もなお変わらず通販でも数多く取り扱われています。
高級ブランドものに比べると収集しやすい価格帯というのも手伝って、
若いコレクターも多いことで知られています。

サイトメニュー